Pocket

債権回収を行うにあたり、弁護士を通すメリットとは、相手先に対して圧力をかけ、動揺を与えることができる点にあります。支払い請求に対してしばらく放っておいてもいいだろうと思われている相手先には、当事者が何を言ってものらりくらりとかわされてしまうことがあります。弁護士の名前で督促や請求、話し合いについての連絡をすることで、このままでは何をされるか分からないと態度を変え、支払いに応じる可能性が出てきます。

また、支払いに全く応じてもらえない場合には、法的手段に出ることになりますが、弁護士は法のプロですので、その時々に応じたアプローチ法を提案してもらうことができます。自身でするには膨大な時間と手間、労力を必要とする為、会社の経営業務にも差し支えてしまいます。大きな精神的ストレスも受ける可能性がありますので、ここはプロに任せて、迅速に解決してもらうことが賢明な手段となります。もちろん、弁護士に依頼したいけれど、回収までに時間がかかってしまい、高額な費用を請求されては元も子もない、そう不安に思われる方には、「成功報酬型プラン」という弁護士費用の支払い方法がありますので、それを利用されることをお勧めします。