Pocket

貸したお金が戻ってこない、商品の代金が支払われない、払う払うと言っては遅れる取引先がある、といったように、債権回収の問題は商売をする上でついて回ります。そんな時には弁護士に頼りたいと思われる方もおられると思いますが、「弁護士費用がどのくらいかわからない」と不安に思い、諦めてしまう債権者の方も多いのではないでしょうか。債権回収には迅速な対応が求められますので、時間が経てば経つほどより難しくなります。その為にも弁護士に相談されることが最も有効な手段になりますが、費用が心配な場合は、様々な料金形態がありますので、事前に確認するか、無料相談の際に問い合わせてみると良いでしょう。

債権とは、相手に支払いを請求できる権利のことを言い、その権利を持つ人を「債権者」と言います。支払い義務のある人を「債務者」と言い、債務者は債権者に対して債務(ツケ)がある状態と言えます。

債権回収方法には、こまめに電話をかけて催促をする、督促状を郵送する、内容証明郵便を送付する、訪問をして話し合いをする、法的手続きに踏み切る等の段階があります。しかし、最初から弁護士に依頼することで、スムーズに解決する可能性が高まります。やはり法律に関しては誰よりも詳しい専門家になりますので、企業毎に最もふさわしい手段の提案をしてもらうことができます。時間や手間の短縮にもなりますので、煩わしさも少なく済みます。ここでは、弁護士に依頼して賢く解決する方法を紹介します。